青森県青森市で第3セクター商業施設アウガ運営の青森駅前再開発ビル(株)が特別清算開始決定



青森県青森市で第3セクター商業施設アウガ運営の青森駅前再開発ビル(株)は、7月5日に特別清算を申請し、7月13日に特別清算開始決定を受けた。

青森駅前第二地区第一種市街地再開発事業の一環として、青森市が第3セクター方式で平成4年4月に設立。総事業費184億円を投じ、複合商業施設「フェスティバルシティ・アウガ」を平成13年1月にオープンさせた。
地下1階には「新鮮市場」、
1階から4階までは商業施設、
5階・6階は「青森市男女共同参画プラザ・カダール」、
6階〜9階は「青森市民図書館」
で構成。
当開発プロジェクトは空洞化した市中心街に賑わいをもたらす「コンパクトシティ」構想のモデルケースとして全国的にも注目され、開業当初は賑わいを見せた。
しかし、その後は、郊外型の大型商業施設の進出などから、売上高は想定を大きく下回り、赤字が続き、市は増資引き受けなどにより同施設の資金をつないできた。

平成28年3月期には減損計上により、約27億円の赤字を計上して債務超過に陥り、市長が辞任に追い込まれた。
新市長は17億円の債権を放棄し、建物を公共物として利用することにし、商業部分の全店閉鎖を通知、同社は3月末に解散を決議していた。

会社名 青森駅前再開発ビル(株)
業 種 第3セクター商業施設アウガ
所在地 青森県青森市
設 立 平成4年4月
負債額 32億円(別途出資金10億3000万円も)

青森県青森市で商業施設アウガ運営の青森駅前再開発ビル(株)が特別清算を申請



青森県青森市で第3セクター商業施設アウガ運営の青森駅前再開発ビル(株)は、7月5日に特別清算を申請した。

青森駅前第二地区第一種市街地再開発事業の一環として、青森市が第3セクター方式で平成4年4月に設立。総事業費184億円を投じ、複合商業施設「フェスティバルシティ・アウガ」を平成13年1月にオープンさせた。
地下1階には「新鮮市場」、
1階から4階までは商業施設、
5階・6階は「青森市男女共同参画プラザ・カダール」、
6階〜9階は「青森市民図書館」
で構成。
当開発プロジェクトは空洞化した市中心街に賑わいをもたらす「コンパクトシティ」構想のモデルケースとして全国的にも注目され、開業当初は賑わいを見せた。
しかし、その後は、郊外型の大型商業施設の進出などから、売上高は想定を大きく下回り、赤字が続き、市は増資引き受けなどにより同施設の資金をつないできた。

平成28年3月期には減損計上により、約27億円の赤字を計上して債務超過に陥り、市長が辞任に追い込まれた。
新市長は17億円の債権を放棄し、建物を公共物として利用することにし、商業部分の全店閉鎖を通知、同社は3月末に解散を決議していた。

会社名 青森駅前再開発ビル(株)
業 種 第3セクター商業施設アウガ
所在地 青森県青森市
設 立 平成4年4月
負債額 32億円(別途出資金10億3000万円も)

熊本県熊本市で不動産業の(有)橋本不動産が破産



熊本県熊本市で不動産業の(有)橋本不動産は、6月15日に破産手続きの開始決定を受けた。

営業不振で行き詰った。

会社名 (有)橋本不動産
業 種 不動産業
所在地 熊本県熊本市
設 立 平成元年1月
負債額 3億円

広島県福山市で不動産開発・住宅建築販売の(株)曙不動産が破産



広島県福山市で不動産開発・住宅建築販売の(株)曙不動産は、4月28日に事業を停止していたが、6月20日に破産手続きの開始決定を受けました。

住宅団地の開発や住宅販売を手がけていた。しかし、不況から住宅分譲地の販売不振により資金の固定化を招き、住宅建築事業も競争激しく、最近では赤字経営が続いていた。

会社名 (株)曙不動産
業 種 不動産開発・住宅建築販売
所在地 広島県福山市
創 業 昭和48年
負債額 10億円

不動産業 2016年度の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。不動産業 2016年度の倒産状況

不動産業(代理・仲介業者)で2016年度の倒産件数は93件で、前年同月比18件増。
負債総額は67億1400万円で、3年ぶりの増加。

地域別では、「関東」が52件でトップ、「近畿」(26件)が続いた。都道府県別では東京都が最多の29件、大阪府(18件)、神奈川県(12件)と都市圏が件数上位を占めた。
負債額別では、負債5000万円未満の小規模倒産が68件を数え、全体の7割を超えた。

大阪市福島区で分譲マンション開発の野田興産(株)が破産



大阪市福島区で分譲マンション開発の野田興産(株)は、6月7日に申請処理を弁護士に一任して、自己破産を申請していたが、6月13日に破産手続きの開始決定を受けました。

滋賀県の(株)秋村組の不動産部門として創業し、平成16年4月に分離独立して設立された。
滋賀、京都、大阪などで分譲マンション「グラン・ブルー」ブランドの分譲マンションを開発して平成20年3月期には100億円以上の売上高を計上していた。しかし、リーマン・ショックでそれまでの不動産ミニバブルが崩壊し、同社も売れず大打撃を受け、経営難に陥り、その後は所有不動産の処理に当たっていた。

会社名 野田興産(株)
業 種 分譲マンション開発
所在地 大阪市福島区
設 立 平成16年4月
創 業 平成8年
負債額 45億円

東京都渋谷区でTV企画・映像制作の(株)小椋事務所が破産



東京都渋谷区でTV企画・映像制作の(株)小椋事務所は、6月15日に破産手続きの開始決定を受けた。

代表者は映画プロデューサーとしても著名で、映画「下妻物語」(中島哲也監督)、「姑獲鳥の夏」(実相寺昭雄監督)、「蟲師」(大友克洋監督)などのプロデューサーとしての実績を有していた。し
かし、最近はヒット作に恵まれず、売り上げ不振が続き、今年1月には債権者から破産の申し立てを受けるなど、経営は窮地に陥っていた。

会社名 (株)小椋事務所
業 種 TV企画・映像制作
所在地 東京都渋谷区
設 立 平成1年12月
負債額 調査中

2017年6月16日の全国倒産状況

<注目の商品>


倒産速報 明日はわが身です。2017年6月16日の全国倒産状況と倒産続報です。

北海道
(株)北海道ビジネスアカデミー専門学院 破産手続き開始決定
(株)コベニカ北海道 家電製品販売、破産手続開始決定
(株)フード・プラネット 投資、破産手続開始決定
(株)アジェットクリエイティブ 産業用電気機器卸、破産手続開始決定

茨城県
(有)くくり パッケージソフト、破産手続き開始決定

埼玉県
(株)プロシード 破産手続き開始決定

千葉県
(株)日栄エンジニアリングサービス 給排水・衛生設備工事
(株)デクト 木造建築工事
(有)リタ 木造建築工事
(株)デクトホールディング 木造建築工事

東京都
タカタ(株) エアバッグ等自動車部品、民事再生申請へ
(株)アーニス・サウンド・テクノロジーズ 技術提供、破産手続き開始決定
デジタルスクエア(株) 破産手続き開始決定
(株)三貴 破産手続き開始決定
(株)シオン工芸 造花卸、破産手続き開始決定


ユニソル(株) 水産物の輸入卸、破産手続き開始決定


東京電設工業(株) 破産手続き開始決定
(株)オフィス・ケーエヌ 建築材料卸、破産手続き開始決定
(株)光葉グループ 破産手続き開始決定
(株)広栄薬品 破産手続き開始決定
クラフトスクエア(株) 破産手続き開始決定
(有)メダリストプランニング 競輪選手用ウェア製造、事業停止


(株)Masse Japan Enterprise 建築躯体工事、破産手続開始申立準備
アグン(株) 映画・ビデオ制作、破産手続き開始決定
(有)アズウェル 婦人・子供服卸、破産手続き開始決定
(株)天海 鮮魚小売、破産手続き開始決定

神奈川県
(株)ユーシンスタジオ 破産手続き開始決定

新潟県
(株)倉部瓦店 破産手続き開始決定

静岡県
(株)楠工業 土木工事、自己破産へ


(株)しだはい開発 土木工事、自己破産へ

愛知県
住田建設(株) 建設業、民事再生廃止
(株)ベストサポート 破産手続き開始決定

岐阜県
リーフ不動産販売(株) 破産手続き開始決定

京都府
(株)中島 西陣帯卸、破産手続き開始決定


大阪府
丸俣機業(株) 服地や服卸、破産手続き開始決定


兵庫県
(株)スリースターズ 自動車販売
コーワ電子工業(株) プリント基板組立、破産手続開始決定
(株)HOTEL KOSHO ホテル経営、破産手続開始決定

鳥取県
合同会社智頭福祉サービスあたご 介護福祉事業、破産手続開始決定

広島県
ぬのや(株) 婦人服小売、破産手続開始決定

福岡県
(株)大興 住宅・リフォーム工事、破産手続開始決定

宮崎県
(有)ワークショップシラカワ 広告代理店・イベント企画、破産手続開始決定

兵庫県神戸市中央区で不動産賃貸のKIFMEC特定目的会社が破産



兵庫県神戸市中央区で不動産賃貸のKIFMEC特定目的会社は、5月31日に破産手続きの開始決定を受けた。

大手総合商社ほかからの出資を得て成立された特定目的会社。国支援の下、神戸市が主体となったプロジェクト「神戸医療産業都市」の一環で設立された生体肝移植の「神戸国際フロンティアメディカルセンター(KIFMEC)」(ポートアイランド)入居の医療施設(8階建、延床面積約1万1800u)所有会社。
2014年11月に当メディカルセンターが開業、しかし、権威に溺れた人が新設備の当センターで生体肝移植者を行い、死亡者が異常発生、それでも移植を続け、批判が相次ぎ、医療事業を停止した。
平成28年3月には、当メディカルセンターが自己破産し、同社も建物を持て余す事態に。生体肝移植者の死亡原因について、当メディカルセンターと対立していた神戸大学へ建物施設を安価に売却したものの、残負債を抱え今回の措置となった。

会社名 KIFMEC特定目的会社
業 種 不動産賃貸
所在地 兵庫県神戸市中央区
設 立 平成24年6月
負債額 7億円

大阪市福島区で分譲マンション開発の野田興産(株)が自己破産を申請



大阪市福島区で分譲マンション開発の野田興産(株)は、6月7日に申請処理を弁護士に一任して、自己破産を申請した。

滋賀県の(株)秋村組の不動産部門として創業し、平成16年4月に分離独立して設立された。
滋賀、京都、大阪などで分譲マンション「グラン・ブルー」ブランドの分譲マンションを開発して平成20年3月期には100億円以上の売上高を計上していた。しかし、リーマン・ショックでそれまでの不動産ミニバブルが崩壊し、同社も売れず大打撃を受け、経営難に陥り、その後は所有不動産の処理に当たっていた。

会社名 野田興産(株)
業 種 分譲マンション開発
所在地 大阪市福島区
設 立 平成16年4月
創 業 平成8年
負債額 45億円
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。