東京都港区でシェアハウス運営のゴールデンゲイン(株)が破産



東京都港区でシェアハウス運営のゴールデンゲイン(株)は、5月22日に破産手続き開始決定を受けた。

シェアハウスを主体とした投資用不動産の開発及び売買業者。東京23区内を主な営業エリアに、一般個人投資家向けへの販売を手がけていた。用地販売後のシェアハウス建築請負から運営(サブリース)まで幅広く取り扱い、設立後間もないながらも平成28年10月期には年売上高約43億1100万円を計上していた。

しかし、シェアハウス等の投資用物件オーナーに対する金融機関側の融資姿勢が平成29年に大きく変動。当社も新規のシェアハウス物件の販売が停滞する状況に陥っていた。
その後はシェアハウスだけでなく、賃貸アパートの売買など新事業への展開を模索していたが、資金繰りに窮する状態が続き、平成29年12月には代表以外の全役員が辞任。平成30年3月には本店事務所を閉鎖するなど動向が注目されていた。

会社名 ゴールデンゲイン(株)
業 種 シェアハウス運営
所在地 東京都港区
設 立 平成27年3月
資本金 1億円
負債額 13億9600万円

宮城県仙台市で運送業の(有)サンワ物流他1社が破産



宮城県仙台市で運送業の(有)サンワ物流と関連の(有)サンワ商事は、2月28日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っていたが、5月7日に破産手続きの開始決定を受けた。

人手不足から傭車費用が拡大し、採算性を悪化させ行き詰った。

会社名 (有)サンワ物流
業 種 運送業
所在地 宮城県仙台市
負債額 調査中

東京都でシェアハウス「かぼちゃの馬車」の(株)スマートデイズが破産



東京都中央区で女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」の(株)スマートデイズは、4月9日に民事再生法の適用を申請していた。
4月18日に民事再生の申し立てを棄却され、5月15日に破産手続き開始決定を受けた。

「クラウドアパート」のブランド名で宿舎型シェアハウスの販売、サブリース、管理等を手がけ、女性専用のシェアハウス「かぼちゃの馬車」を主体に、男性や外国人向けの「ステップクラウド」、シングルマザー向けの「シングルマザーハウス」等を展開していた。

シェアハウスのサブリース事業では草分け的な存在として知られ、近年はシェアハウスの入居者を対象とした人材派遣事業も開始するなど、若者支援を目的とする住まいと仕事の両面での支援事業も活発化。宿泊所やアパートの販売を開始したことに加え、建設業許可を再取得したことによる建築事業の売上寄与があった2017年3月期には年売上高約316億9600万円を計上していた。

しかし、2017年10月頃より提携金融機関との契約状況などが大きく変動し、新たな寄宿舎型シェアハウスの販売が難しい状況に陥ったことから、同月27日に管理している不動産オーナーに対し賃料改定の通知書を送るなどしたことから、信用不安が拡散。

サブリース事業からの撤退など大幅な業容の転換を余儀なくされるなか、2018年1月には不動産オーナーに対する賃料の支払いをストップ。その後、一部のオーナーが損害賠償請求訴訟の動きを見せるなか、支え切れず今回の事態となった。

会社名 (株)スマートデイズ(旧商号(株)スマートライフ)
業 種 女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」
所在地 東京都中央区
設 立 平成24年8月2日
創 業 平成13年10月
創 業 21億円(資本準備金含む)
負債額 60億3500万円
従業員 125名(2017年10月1日現在) ※子会社含む

■編集後記
社員にもお客様にも価値ある会社 利益をずっと生み出す秘訣 [ 西浦道明 ]で紹介されている会社は、多くの人には聞き慣れない名前の会社だと思います。いわゆる「いい会社」の紹介を数多く聞いている私でも4社中2社は名前は知っていても、これらの会社が「社員中心」の経営をされていることは全く知りませんでした。

本書では、このような地方の比較的規模の小さな会社が社員を中心に据えた経営によって、高い収益を生み出している実態と実現までの過程を紹介しています。

安定している会社・収益力が高い会社=大きな会社ではなさそうであることはもう既に多くの人が感じていることだと思いますが、何よりも大きな企業では構造的に難しい、お客様への貢献を体感させるような仕組みづくりが永続する会社を作るための大きな条件ではないか本書を読んで強く感じました。

ストレスなく読める分量ですので、ちょっと時間のあるときに気軽に読むことができます。

近畿2府4県 2018年4月の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。近畿2府4県 2018年4月の倒産状況

近畿2府4県で2018年4月の倒産件数は168件で、前年同月比3%増。
負債総額は238億7600万円、前年同月比6%増。

倒産件数は、4カ月連続で前年同月を上回った。個人消費が伸び悩み、飲食やサービス業の倒産が目立った。
1億円未満の倒産が8割を占めるなど、中小・零細企業の倒産が多い。

佐賀県 2017年度の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。佐賀県 2017年度の倒産状況

佐賀県で2017年度の倒産件数は34件で、前年度比5件減。
負債総額は65億400万円で、前年度比33%増。

業種別ではサービス業が最多の10件で、製造業と建設業が8件、小売業が5件と続いた。原因別では「赤字累積」が16件で「販売不振」が11件だった。
今後の見通しについて「現状では倒産が急増する要因はないが、景気拡大の恩恵が得られない中小企業を中心に一進一退」と分析した。

東京都豊島区で床工事のナックエンジニアリング(株)他2社が破産



東京都豊島区で床工事のナックエンジニアリング(株)と関連のテック(株)、アネックス(株)は、4月11日に破産手続きの開始決定を受けた。

受注不振、労務費高騰で採算性悪化から経営不振に陥っていた。

会社名 ナックエンジニアリング(株)
業 種 床工事
所在地 東京都豊島区
負債額 2億円(3社合計)

■編集後記
タイトルのあらゆる領収書は経費で落とせる完全図解版 [ 大村大次郎 ]に興味を持って購入してみました。
読むうちに「なるほど」が続き、わかりやすくて面白かったです。
経営者の方や役職者の方、経理の方にお勧めですかね。

2018年5月2日の全国倒産状況

<注目の商品>


倒産速報 明日はわが身です。2018年5月2日の全国倒産状況と倒産続報です。

北海道
(株)丸萬渡邊食品 カニ等水産魚介類卸、破産手続き開始決定


(株)三由農機製作所 農業用機械の製造・修理、自己破産申請


岩手県
丸竹水産(株) 水産加工品製造、破産手続開始申立

宮城県
大洋電子(株) 電子部品・機器組立加工

福島県
(株)共栄企画設計 土木建築サービス、破産手続き開始決定

埼玉県
美萩(株) 破産手続き開始決定

千葉県
(株)吉川工務店 木造建築工事、破産手続き開始決定
(株)ウエルダン 破産手続き開始決定

東京都
ナックエンジニアリング(株) 床工事、破産開始決定


(有)オステック 機械設計、破産手続き開始決定
(株)プランアウトフアツシヨン レディスウェア販売、自己破産へ
テック(株) 破産開始決定
アネックス(株) 破産開始決定
マイクロダイナミックス(株) 精密機器の設計開発
(株)エスカ 居酒屋経営、破産手続開始決定
(株)ボーベール 漆器輸入卸、破産手続開始決定

神奈川県
Tekini(株) 破産手続き開始決定

富山県
大朋建設(株) 土木工事、破産手続き開始決定

静岡県
(有)河野石材工業所 石工工事、破産手続き開始決定
サテライト建設(株) 建築工事、自己破産へ

愛知県
(株)Cicoria 破産手続き開始決定
(株)ことこと 破産手続き開始決定
(株)日本コンタクトレンズ コンタクトレンズ、民事再生廃止申請


(株)日本コンタクトレンズ研究所 民事再生廃止申請
三鈴運輸(株) 一般区域貨物自動車運送

三重県
(株)ガップ 旧(株)BCスタッフ、破産手続き開始決定

奈良県
(株)山徳商店 セメント等建設資材卸、破産手続き開始決定


大阪府
盛和商事(株) ベビー用品等輸出、破産手続き開始決定


松栄産業(株) 包装用品卸、破産手続き開始決定
医療法人桃花会 破産手続き開始決定
KJC Trading(株) 破産手続き開始決定
(株)ツーユーサービス 破産手続き開始決定
(株)メディカルビューティージャパン 破産手続き開始決定

兵庫県
(株)一級建築事務所小田設計事務所 破産手続き開始決定
松尾金物(株) 破産手続き開始決定
サンウエキ(株) 食品スーパー運営、自己破産へ


福岡県
(株)オフィス・クニタケ 破産手続き開始決定
(株)美織 破産手続き開始決定
(有)ツツミ商事 酒類・食料品小売り、破産手続開始決定

大分県
(有)二月一四日 菓子の製造および販売、破産手続開始決定

宮崎県
(株)元気堂 飲食料品小売、破産手続き開始決定

鹿児島県
(株)屋久島チツプセンター 元・木製チップ製造販売、特別清算
(株)榮興業 特別清算
(株)屋久島茶園 特別清算

【続報】東京都中央区で女性専用シェアハウスの(株)スマートデイズが民事再生申請



東京都中央区で女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」の(株)スマートデイズは、4月9日に民事再生法の適用を申請。

「クラウドアパート」のブランド名で宿舎型シェアハウスの販売、サブリース、管理等を手がけ、女性専用のシェアハウス「かぼちゃの馬車」を主体に、男性や外国人向けの「ステップクラウド」、シングルマザー向けの「シングルマザーハウス」等を展開していた。

シェアハウスのサブリース事業では草分け的な存在として知られ、近年はシェアハウスの入居者を対象とした人材派遣事業も開始するなど、若者支援を目的とする住まいと仕事の両面での支援事業も活発化。宿泊所やアパートの販売を開始したことに加え、建設業許可を再取得したことによる建築事業の売上寄与があった2017年3月期には年売上高約316億9600万円を計上していた。

しかし、2017年10月頃より提携金融機関との契約状況などが大きく変動し、新たな寄宿舎型シェアハウスの販売が難しい状況に陥ったことから、同月27日に管理している不動産オーナーに対し賃料改定の通知書を送るなどしたことから、信用不安が拡散。

サブリース事業からの撤退など大幅な業容の転換を余儀なくされるなか、2018年1月には不動産オーナーに対する賃料の支払いをストップ。その後、一部のオーナーが損害賠償請求訴訟の動きを見せるなか、支え切れず今回の事態となった。

会社名 (株)スマートデイズ(旧商号(株)スマートライフ)
業 種 女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」
所在地 東京都中央区
設 立 平成24年8月2日
創 業 平成13年10月
創 業 21億円(資本準備金含む)
負債額 60億3500万円
従業員 125名(2017年10月1日現在) ※子会社含む

■編集後記
利回り20%を望める「シェアハウス」開業の秘訣 [ 仲尾正人 ]は各章ごとに要点がまとめてあって、筆者が何をいいたいのかという点がはっきりして良いと思いました。
具体的に言うと、法令法規に対する姿勢や注意すべき所、大家さんでもなかなか気が付かない、後から「え、知らなかった」となりそうな点を筆者は適格に記載されています。そういった意味でもこの実践者は抜け目がなく、流行りでシェアハウスをやっている人とは違いを感じました。
目的意識も高い方でしたので、ターゲットを見据えて商品(シェアハウス)を創り上げていると言う点は大変参考になりました。

東京都中央区で女性専用シェアハウスの(株)スマートデイズが民事再生申請



東京都中央区で女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」の(株)スマートデイズは、4月9日に民事再生法の適用を申請。

1月17日、20日の両日、物件オーナーへの説明会を開いた。
1月12日には社長交代を発表し、民泊事業への進出話も出てくるなど、同社を巡る動きが慌ただしくなってきた。

会社名 (株)スマートデイズ(旧商号(株)スマートライフ)
業 種 女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」
所在地 東京都中央区
設 立 平成24年8月2日
創 業 21億円(資本準備金含む)
負債額 60億円
従業員 125名(2017年10月1日現在) ※子会社含む

■編集後記
具体的な計算例が不動産投資「収益計算」のすべて [ 玉川陽介 ]には記載されているので、あまり考えなくても真似するだけで、きちんと収益管理ができそうです。

東京都港区で元不動産売買などの(株)ジェイ・ワン・インベストメンツが特別清算



東京都港区で元不動産売買・債権買取の(株)ジェイ・ワン・インベストメンツは、3月19日に特別清算開始命令を受けた。

元東証マザーズ上場のニッシン債権回収(株)(現・ブルーホライゾン債権回収(株))が所有する不動産の開発、保有及び処分、管理、運営、売買及び賃貸などを目的に設立された。
親会社であるニッシン債権回収(株)の連結子会社として、同社が担保として保有している不動産および債権の売買を手がけていた。当社の従業員はすべて同社からの出向となっており、事務所も同社のフロアの一部を間借し、事実上は同社の一事業部門として運営、2008年3月期は年売上高約95億2300万円を計上していた。

しかし、リーマン・ショック後の市況低迷などから不動産売買は計画通り進まず、取扱案件数は大幅に減少し、2009年3月期の年売上高は約37億円に低迷。当社の運営は親会社と一体となっていたが、グループ中核で事業者金融を手がけるNISグループ(株)が2012年5月に民事再生法の適用を申請(2012年11月に破産)。その後、業容を大幅に縮小するなかで、2018年2月28日に株主総会の決議により解散していた。

会社名 (株)ジェイ・ワン・インベストメンツ
業 種 元不動産売買・債権買取
所在地 東京都港区
設 立 平成16年1月
資本金 300万円
負債額 調査中
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。