大阪府箕面市で不動産業の(株)プレイスジャパン他1社が破産

大阪府箕面市で不動産業の(株)プレイスジャパンと関連で不動産売買業の(株)ドゥ・アセットマネジメント(大阪府大阪市)は、7月9日に破産手続きの開始決定を受けました。
負債額は(株)プレイスジャパンが約10億円、(株)ドゥ・アセットマネジメントも約10億円。

(株)プレイスジャパンは不動産仲介業のほか「プレイスタウン」のブランド名で分譲マンションの開発も行い、以前は20億円近い売上高を計上していた。しかし、その後は不動産市場の低迷から資金繰りに休止、事業を停止していた。
関連の(株)ドゥ・アセットマネジメントは、不動産売買業を営んでいたが、プレイスジャパンに連鎖していた。

会社名 (株)プレイスジャパン
業 種 不動産業
所在地 大阪府箕面市
設 立 平成元年11月
負債額 20億円(2社合計)

【続報】東京都台東区で不動産業の合同会社如月マネジメントが破産

東京都台東区で不動産業の合同会社如月マネジメントは、7月8日に破産手続きの開始決定を受けた。

不動産業を手がけていた。一時は、東証2部上場で不動産業の(株)アルデプロ(新宿区)の主要取引先で、同社から2018年7月期中に約17億円の不動産を取得。さらに同時期に如月マネジメントはmaneoマーケット(株)(千代田区)が手がけるソーシャルレンディングを経由して約20億円を調達していた。
しかし、2018年5月にはソーシャルレンディング会社への返済が遅延。ソーシャルレンディング会社が担保を設定した一部不動産では同月、所有権が移った。同年12月、担保不動産競売開始決定が出るなどし、動向が注目されていた。

会社名 合同会社如月マネジメント
業 種 不動産業
所在地 東京都台東区
設 立 平成29年7月
資本金 10万円
負債額 調査中

東京都台東区で不動産業の合同会社如月マネジメントが破産

東京都台東区で不動産業の合同会社如月マネジメントは、7月8日に破産手続きの開始決定を受けた。

同社はソーシャルレンディング会社の如月マネジメントはmaneoマーケット(株)(千代田区)と密接な関係があり、資金調達など同社から行い不動産取得に動いていたが、平成30年5月にはレンディング会社に支払い遅延が生じ、同社不動産に担保設定したレンディング社へ所有権が移行するなどし、その不動産が競売にかかるなどし、両社とも動向が注目されていた。

会社名 合同会社如月マネジメント
業 種 不動産業
所在地 東京都台東区
設 立 平成29年7月
負債額 調査中

【続報】東京都で電子電源機器装置製造の(株)ボルテックス他1社が破産

東京都日野市で電子電源機器装置製造の(株)ボルテックスと関連の(株)ボルテックスシステムは、7月1日に破産手続き開始決定を受けた。
負債は、ボルテックスが約10億円、ボルテックスシステムが約1億7000万円

ボルテックスは、電子電源機器装置の製造を手掛け、ハイビジョンカメラ用電源、カスタマーテレビカメラ用電源、ポータブルテレビカメラ用電源などを製造、近年は医療用の輸液ポンプ電源、レーザーメス用電源、人工透析・血漿装置用電源などを手掛けていた。 2005年2月に中国の青島に100%出資の現地法人を設立。内製化を進めて採算の改善を図り、ピークの2009年3月期は売上高約9億8700万円を計上した。
しかし、医療用向け製品部門で医療費抑制の余波などを受けて受注が落ち込み、2019年3月期の売上高は2億643万円まで減少した。
採算性も悪化し借入負担が重みを増すなか、「新型コロナウイルス」の影響により中国現地法人の活動が停止し、輸入が約1カ月間ストップする事態が発生。さらに採算が悪化し資金繰りも逼迫したことから、今回の措置となった。
ボルテックスシステムは関連会社として本社不動産などの資産管理を手掛けていたが、ボルテックスに連鎖した。

会社名 (株)ボルテックス
業 種 電子電源機器装置製造
所在地 東京都日野市
設 立 昭和48年3月
創 業 昭和45年5月
資本金 1億円
負債額 11億7000万円(2社合計)

新潟県三条市で金属製家具製造の(有)横田製作所が破産

新潟県三条市で金属製家具製造の(有)横田製作所は、3月19日に事業を停止して事後処理を弁護士に一任、自己破産の準備に入っていたが、6月25日に破産手続きの開始決定を受けました。

会社名 (有)横田製作所
業 種 金属製家具製造
所在地 新潟県三条市
設 立 昭和46年6月
創 業 昭和35年5月
資本金 1000万円
負債額 1億円
従業員 19名

東京都大田区で運送業の(株)全国輸送が破産

東京都大田区で運送業の(株)全国輸送は、7月6日に破産手続き開始決定を受けた。

会社名 (株)全国輸送
業 種 運送業
所在地 東京都大田区
設 立 昭和61年7月
資本金 2000万円
負債額 10億円

【続報】東京都港区で不動産の(株)Buddyが破産

東京都港区で不動産の(株)Buddyは、6月10日に破産手続き開始決定を受けた。

投資家向け収益用不動産の販売を中心に不動産売買を手掛けるほか、沖縄移住やセカンドハウスのコンサルティングなども行っていました。
しかし、不動産・銀行業界で起こった収益用不動産の不正融資問題により、融資の締め付けなどから同社の売上も減少傾向となるなか、新型コロナウイルスの感染拡大による対面営業の自粛で業績が悪化したため、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

会社名 (株)Buddy
業 種 不動産
所在地 東京都港区
設 立 平成19年5月
資本金 1200万円
負債額 3億円

大阪府大阪市で不動産業の(株)デサイドワークスが破産

大阪府大阪市で不動産業の(株)デサイドワークスは、9月12日付で事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入っていたが、6月4日に破産手続きの開始決定を受けました。

商業ビルやマンション・住宅などを扱い、平成30年12月期には1億7000万円の収入高を計上していた。しかし、投資用事業への融資が金融機関の抑制もあり、販売が伸び悩み、内部留保に乏しく、資金繰りに窮するようになり、今回の事態に至った。

会社名 (株)デサイドワークス
業 種 不動産業
所在地 大阪府大阪市
設 立 平成23年3月
負債額 4億円

【続報】長野県松本市で飲食店経営の(株)COPが自己破産申請の準備

長野県松本市で飲食店経営の(株)COPは、6月16日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。

中華料理店などを経営していたが、新型コロナウイルスの影響で自己破産を申請することになりました。本店がある場所で以前から焼き肉店を営んでいたほか、おととし2月に株式会社を設立し中華料理のフランチャイズ店を2店舗経営していました。
設立直後には年間でおよそ8000万円の売り上げがありましたが、競争の激化で店舗を減らすなどし、新型コロナウイルスの影響で事業の継続が困難になりました。
新型コロナウイルスに関連した倒産は長野県内で8件目で、飲食店では初めてです。

会社名 (株)COP
業 種 飲食店経営
所在地 長野県松本市
設 立 平成30年2月
負債額 1億円

東京都港区で不動産の(株)Buddyが破産

東京都港区で不動産の(株)Buddyは、6月10日に破産手続き開始決定を受けた。

会社名 (株)Buddy
業 種 不動産
所在地 東京都港区
設 立 平成19年5月
資本金 1200万円
負債額 3億円
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。