神奈川県小田原市で不動産業の(有)みのるホームが弁護士一任

神奈川県小田原市で不動産業の(有)みのるホームは、9月30日に事業を停止して破産申請への事後処理を弁護士に一任した。

業績が低迷する中、新型コロナによる影響で事業を断念、今回倒産の事態となった。

会社名 (有)みのるホーム
業 種 不動産業
所在地 神奈川県小田原市
設 立 昭和61年1月
資本金 300万円
負債額 1億6000万円

山形県新庄市で不動産業の(資)郷野目商店が破産

山形県新庄市で不動産業の(資)郷野目商店は、9月17日に破産手続きの開始決定を受けました。

当初食料品小売業だったが不動産賃貸業など手広く業種展開したものの、業績が低迷する中、今回の処置となった。

会社名 (資)郷野目商店
業 種 不動産業
所在地 山形県新庄市
設 立 昭和37年4月
創 業 明治45年
資本金 1000万円
負債額 4億円

神奈川県で不動産業の(株)エヌエスコーポレーションが民事再生決定

神奈川県鎌倉市で不動産業の(株)エヌエスコーポレーションは、7月31日に民事再生を申請し、9月10日に再生手続きの開始決定を受けました。

業績が低迷する中、行政処分をうけ事業を断念、今回の処置となった。

会社名 (株)エヌエスコーポレーション
業 種 不動産業
所在地 神奈川県鎌倉市
設 立 平成12年1月
資本金 1000万円
負債額 8億円

東京都渋谷区で不動産業の(株)リブアクションが破産

東京都渋谷区で不動産業の(株)リブアクションは、8月31日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入っていたが、9月14日に破産手続き開始決定を受けた。

現代表の不動産業界での経験を活かし設立された、不動産販売業者。戸建用地やマンション用地を仕入れ、企画販売を手掛けていた。さらに、一般住宅のほか、店舗、オフィスビル、マンションの設計施工へ業容を広げていった。
設立以降、年々案件数を増やすことで売上を伸長。2018年8月に建築設計を手掛ける関連会社を吸収し、同年10月期には売上高61億4193万円をあげていた。しかし、投資不動産向け不正問題による融資の審査厳格化などの影響で不動産市況が冷え込み、2019年10月期には売上高34億1941万円まで急減。さらに、建築部門では建築資材の高騰や施主からの要望に応えるため採算性の低い工事を受注するなどでコストがかさみ、同期は4億9530万円の赤字を計上し、2億6859万円の債務超過に転落した。
急速に資金繰りが悪化するなか、建築事業から撤退し、不動産事業へ注力するよう方針を転換。その矢先、「新型コロナウイルス」感染拡大により、不動産事業も計画通りに進まず、事業継続が困難となった。
8月上旬から当社へ連絡がつかないなどの声が相次ぎ、動向が注目されていた。

会社名 (株)リブアクション
業 種 不動産業
所在地 東京都渋谷区
設 立 平成21年7月
資本金 9000万円
負債額 11億円

大阪府大阪市で民泊事業代行の (株)ハンドグローイングが事業停止

大阪府大阪市で民泊事業代行の (株)ハンドグローイングは、今年に入って事業停止した。

マンションの部屋ごとに投資客を募って民泊事業代行していた、大阪最大手の民泊投資会社「ハンドグローイング」(大阪市淀川区)が経営難に陥り、今年に入って事業停止した。新型コロナウイルス禍の2〜5月に次々と施設を廃止。ハンド社は取材に、昨年まで宿泊実績を水増ししながら、新たな投資を募っていたことを認めた。


2016年までは賃貸交渉など不動産関連のコンサルタント業を軸にしたが、大阪市が2016年10月から特区民泊事業者の受け付けを始めたのを機に、民泊の運営代行サービスを本格的に始めて急成長。
2018年10月期の売上高は2016年同期の26倍超の約15億4000万円に上った。2025年の大阪・関西万博誘致のオフィシャルサポーターで、投資客向けセミナーでアピール材料にしていた。

2020年2月末での負債総額は約40億円で、日韓関係の悪化で昨夏から韓国の旅行会社を通じた予約が入らなくなり、新型コロナが決定打になったとした。
大阪市保健所などによると、国家戦略特区制度に基づく「特区民泊」としてハンド社が認定を受けた同市内の施設は2017年度に13、2018年度に31、2019年度に33の計77カ所、9000室(今年5月までにすべて廃止)で、業者ごとではいずれも大阪府内最多だった。約600の個人・法人と契約し、認定された部屋のうち約800室で民泊を代行運営していた。

投資客向けに、運営資金を出した部屋の予約状況をチェックできる専用サイトを公開していた。2020年4月に投資客に送った調査報告書では、架空予約について「多数存在した」と認定。投資客から代金を受け取りながら、家主から引き渡しされていなかった物件も多数存在し、家主と契約できていない物件も存在したとしていた。
投資客は、家主に払う礼金や民泊の申請費、家具購入費、予約サイトへの登録費などの初期費用を負担。民泊営業後は毎月の宿泊代から、家賃や民泊運営の代行手数料などを引いた金額を得る仕組みだった。投資客の多くは仲介業者からの紹介だったという。
関係者は「仲介業者が『予約が埋まったことにしないと投資客に売れない』と言うので、求められて予約があったことにした。それで売れたので止まらなくなった」とした。
代表者は賃貸契約前の物件に投資させたことについて、「エージェント(仲介業者)が先行して振り込み依頼を行った場合がほとんど。悪意をもって行ったことなどありません」と文書で追加説明した。
おおむね年利10数%〜20%超で、初期投資分を5年ほどで回収できる見通しと説明していたが、2019年9月から利回りの支払いが滞り、12月から自転車操業の状態になったという。2020年1月には投資客に民泊事業からの撤退に伴い契約解除を求めた。
東京、大阪、名古屋、福岡などで3月以降、投資客を集めて説明会を開き、代表者らが事業停止に陥ったことを謝罪した。だまされたとして、すでに損害賠償を求めて提訴した投資客もいる。

会社名 (株)ハンドグローイング
業 種 民泊事業代行
所在地 大阪府大阪市
設 立 2011年
負債額 調査中

兵庫県姫路市で不動産賃貸業の(株)ANGELOが銀行取引停止処分

兵庫県姫路市で不動産賃貸業の(株)ANGELOは、9月10日付で銀行取引停止処分となったことが明らかになった。

代表者が新聞配達員および販売店の店長時代から個人で始めた不動産賃貸事業を法人化したもので、姫路市を中心に神戸市・大阪市などにマンションやテナントビル、月極駐車場など多数の物件を保有していた。
プロサッカーチームのキャンプスポンサーを務めるほか、著書出版やメディア出演などによる知名度向上もあって収益物件の取得を順調に進め、2019年2月期には年収入高約13億7100万円を計上していた。

しかし、収益面については、新たに取得した賃貸物件の稼働状況が低調だったうえ、過剰な広告宣伝費や100億円を超える借入金に伴う金利負担などが重なり、同期に約5億9200万円の当期純損失を計上し、大幅な債務超過に転落。
また、この間に一部取引先への支払い遅延が露見するなど対外信用が低下していた。このため2019年9月までに金融機関に対して返済猶予を要請するとともに、経営再建のために新たに賃料回収業務を不動産管理会社に委託していたが、その不動産管理会社とトラブルが発生。
同社からの家賃入金が滞ったことでさらに資金繰りが悪化し、弁護士を立てて改めて金融機関に借入金返済猶予の交渉を進めていたが、具体的な方向性を示すことができないまま、ここへ来て今回の事態となった。

会社名 (株)ANGELO
業 種 不動産賃貸業
所在地 兵庫県姫路市
設 立 平成25年4月
資本金 4億8700万円
負債額 100億円

【続報】東京都渋谷区で不動産業の(株)リブアクションが弁護士一任

東京都渋谷区で不動産業の(株)リブアクションは、8月31日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。

現代表の不動産業界での経験を活かし設立された、不動産販売業者。戸建用地やマンション用地を仕入れ、企画販売を手掛けていた。さらに、一般住宅のほか、店舗、オフィスビル、マンションの設計施工へ業容を広げていった。
設立以降、年々案件数を増やすことで売上を伸長。2018年8月に建築設計を手掛ける関連会社を吸収し、同年10月期には売上高61億4193万円をあげていた。しかし、投資不動産向け不正問題による融資の審査厳格化などの影響で不動産市況が冷え込み、2019年10月期には売上高34億1941万円まで急減。さらに、建築部門では建築資材の高騰や施主からの要望に応えるため採算性の低い工事を受注するなどでコストがかさみ、同期は4億9530万円の赤字を計上し、2億6859万円の債務超過に転落した。
急速に資金繰りが悪化するなか、建築事業から撤退し、不動産事業へ注力するよう方針を転換。その矢先、「新型コロナウイルス」感染拡大により、不動産事業も計画通りに進まず、事業継続が困難となった。
8月上旬から当社へ連絡がつかないなどの声が相次ぎ、動向が注目されていた。

会社名 (株)リブアクション
業 種 不動産業
所在地 東京都渋谷区
設 立 平成21年7月
資本金 9000万円
負債額 16億円

東京都渋谷区で不動産業の(株)リブアクションが弁護士一任

東京都渋谷区で不動産業の(株)リブアクションは、8月31日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。

会社名 (株)リブアクション
業 種 不動産業
所在地 東京都渋谷区
設 立 平成21年7月
資本金 9000万円
負債額 16億円

神奈川県で不動産業の(株)エヌエスコーポレーションが民事再生申請

神奈川県鎌倉市で不動産業の(株)エヌエスコーポレーションは、7月31日に民事再生を申請し監督命令を受けました。

業績が低迷する中、行政処分をうけ事業を断念、今回の処置となった。

会社名 (株)エヌエスコーポレーション
業 種 不動産業
所在地 神奈川県鎌倉市
設 立 平成12年1月
資本金 1000万円
負債額 8億円

【続報】東京都新宿区で不動産業の日生開発(株)が破産

東京都新宿区で不動産業の日生開発(株)は、7月15日に破産手続きの開始決定を受けました。

不動産の売買を主力に事業を展開していたものの、予定していた大規模太陽光発電の計画が不調に終わったことから、資金繰りが行き詰まり今回の措置に至ったようです。

会社名 日生開発(株)
業 種 不動産業
所在地 東京都新宿区
設 立 平成15年5月
資本金 1000万円
負債額 21億円
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。