福岡県福岡市でライブハウス運営会社が事業停止

福岡県福岡市でライブハウスの(株)アーリー・ビリーバーズ・カンパニーは、2月15日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。

福岡市中央区天神の「親不孝通り」付近に位置し、「Early Believers」(ホール面積104平方メートル、収容人数約220人)の屋号で、地元バンドや県外バンドのライブコンサートやイベントなどを行うライブハウスを経営していた。日中はカフェを営業するほか、スタジオやインディーズレーベルなどの機能を備え、地元では高い知名度を有していた。

しかし、新型コロナウイルスの感染拡大にともない、2020年4月から一時休業を余儀なくされていたうえ、1度目の緊急事態宣言の発出により休業の延長を強いられていた。その後、ライブハウスの営業は再開したものの、新型コロナの影響でライブやイベントの中止、延期が相次ぎ、経営環境は悪化。
この間、「Early Believers応援Merch」といったライブハウスで使用できるドリンクチケットがセットになったオリジナルTシャツを販売するなど立て直しに努めてきた。ところが、今年1月に2度目の緊急事態宣言が発出されたことで、再びライブ等の中止や延期が増加し、時短営業も強いられるなど、長期化するコロナ禍によって事業継続の目処が立たなくなり、2021年2月13日をもって閉店していた。
なお、閉店以前より決まっていたイベントは会場を変更して開催していく予定。
新型コロナウイルス関連倒産は福岡県内で33件目、九州・沖縄地区では90件目

会社名 (株)アーリー・ビリーバーズ・カンパニー
業 種 ライブハウス
所在地 福岡県福岡市
設 立 平成16年2月
資本金 1850万円
負債額 調査中
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。