【続報】東京都港区で飲食店経営のモリタフードサービス(株)が破産

東京都港区で飲食店経営のモリタフードサービス(株)は、1月14日に破産開始決定を受けた。

1969年に創業の前身企業を経て2001年に設立の同社は、東京・名古屋・大阪にて「蔵人厨ねのひ」の店名で居酒屋を経営するほか、2001年からイタリアのパニーニ専門店「パニーノジュスト」をフランチャイジーとして数店舗展開していました。
一方、2012年には名古屋と大阪の店舗を譲渡したほか、2015年にはパニーノジュストとのフランチャイズ契約を解消し、また、2019年には東京・丸の内の店舗を閉店したことで、直近では都内1店舗の経営に規模を縮小していました。加えて、新型コロナウイルス感染症の影響による客数の落ち込みで資金繰りが悪化したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

会社名 モリタフードサービス(株)
業 種 飲食店経営
所在地 東京都港区
設 立 平成13年8月
負債額 5億3000万円
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。