全国宿泊業 2020年8月の倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。全国宿泊業 2020年8月の倒産状況

全国宿泊業で2020年8月の倒産件数は4件で、前年同月比1件増 。
負債総額は30億5600万円で、前年同月比268%増。

倒産件数は月別で今年最少。新型コロナウイルスが感染拡大した4月から3カ月連続で2桁を記録するも、8月は前月に続き1桁台にとどまった。
負債総額は4番目に多い数字だった。下田海南荘(静岡県)が負債額15億4900万円で特別清算、ホテル三泉閣(大分県)が同10億3700万円で破産と、2件が主な倒産企業として報告されている。
1月からの累計は、件数が前年同期比41件増(98%増)の83件。負債総額が同260%増の577億400万円。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。