9月に始まる“息切れ倒産”と“諦め廃業”

2020年7月28日現在で、感染拡大が止まらない新型コロナウイルス。この3週間で1万人も感染してしまった。国内の感染者は累計3万人を突破している。
再び感染が拡大しはじめたことで、懸念されているのが“倒産”と“失業”の急増だ。9月以降、一気に増える恐れが出ている。

「意外かも知れませんが、4月に非常事態宣言が発令され、景気が悪化したにもかかわらず、企業の倒産件数は4月、5月、6月は低く抑えられていました。
4月743件、5月314件、6月780件。とくに5月は56年ぶりの低水準でした。理由は、裁判所の業務が縮小したことや、政府の資金繰り支援、金融機関がリスケに応じたことなどですが、一番大きいのは、経営者の踏ん張りです。
5月、6月と感染者が大きく減ったことで、先行きに希望を持った経営者も多かった。ところが、今月に入って感染者が急増してしまった。もし、8月も終息しなかったら、心が折れてしまう経営者も出てくるでしょう。観光やレジャーなど、7月、8月が稼ぎ時の業種も多いから痛手は大きい。9月以降“息切れ倒産”と“諦め廃業”が続出する恐れがあります」

2020年の企業の廃業は、5万件を突破する可能性があるという。5万社が廃業したら、十数万人が職を失ってしまう。
「雇用崩壊」は、9月から本格化しかねない。総務省によると5月時点で、423万人が休業者となっている。就業人口6600万人の10%足らずだ。なかには、形式的には“休業扱い”となっているが、実際には企業から退職を迫られているケースもあるとみられている。9月以降、その休業者が失業者となる恐れが高まっている。

「従業員を一時帰休させている企業も、当初は短期間を想定していたはずです。しかし、コロナ禍が半年以上も続き、売り上げも落ち込んだままでは、休ませたまま何カ月間も給料を払えない。休業者が失業者になる可能性は十分あり得ます」
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。