【続報】東京都千代田区で飲食店向け食材一括仕入れ代行の会社が破産

東京都千代田区で飲食店向け食材一括仕入れ代行の(株)ウィンコーポレーションは、7月3日に破産手続きの開始決定を受けた。

創業当初は運送業者に対するドライバー派遣が主な事業となっていたが、2010年以降、飲食店やホテル運営会社など食品関連業者を得意先としたフードプロバイダー事業を展開。同事業は食材や消耗品などの仕入業務を当社が一括で代行するサービスで、利用者は仕入単価や物流コストを抑制できるメリットがあるほか、各店舗の運営業務を削減できる側面もあったため、人手不足に直面する飲食業界において受注が急増。これまで年商規模は20億円前後での推移となっていたが、2017年3月期には年収入高約63億8400万円を計上していた。

しかし、フードプロパイダー事業の採算性は低く、2018年にかけて次第に業容を縮小、同年3月期の年収入高は約23億1100万円にとどまり、2019年3月期には同事業から完全撤退していた。その後、資金繰りの悪化などで対外信用が低下するなか、今回の措置となった。

会社名 (株)ウィンコーポレーション
業 種 飲食店向け食材一括仕入れ代行
所在地 東京都千代田区
設 立 平成7年7月
負債額 27億1300万円
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。