近畿2府4県 2020年上半期の倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。近畿2府4県 2020年上半期の倒産状況

近畿2府4県で2020年上半期(1〜6月)の倒産件数は1033件、 前年同期比1%増 。
負債総額は1662億円で、前年同期比19%減。

倒産件数は上半期として2年ぶりに増加した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う倒産が件数を押し上げた。負債総額は2019年に発生した大型倒産の反動で、19%減となった。
業種別ではサービス業や小売業の増加が目立った。2019年10月の消費増税で消費者の購買意欲が低下し、売り上げが落ち込んだ。新型コロナの影響で外出自粛が広まり、倒産が増えた。
負債額50億円以上の大型倒産は7件あった。旅行会社のホワイト・ベアーファミリー(大阪市)が6月に倒産するなど、新型コロナの影響を受けた企業は6社あった。
※近畿2府4県:京都・大阪・兵庫・滋賀・奈良・和歌山
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。