【続報】新潟県魚沼市で旅館経営の(同)村上屋旅館が破産

新潟県魚沼市で旅館経営の(同)村上屋旅館は、平成30年12月9日に事業を停止して、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入っていたが、6月18日に破産手続きの開始決定を受けました。

創業200余年の村上屋旅館は、越後大湯温泉にある客室数30室の温泉旅館で、展望露天風呂や渓谷風呂が人気だったほか、魚沼産コシヒカリをはじめとする地元産食材を使った料理で評価を得ていました。
しかし、近年は施設の老朽化などから客足の減少が続いたことに加え、過去の借入金が資金繰りを逼迫したため、2019年1月までに事業を停止し事後処理を進めていました。

会社名 (同)村上屋旅館
業 種 旅館経営
所在地 新潟県魚沼市
設 立 昭和38年8月
負債額 1億6000万円
従業員 8名
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。