【続報】埼玉県でゴルフ場の(株)小川カントリークラブが民事再生申請

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新型コロナはいつ終わるのか? [ 新型コロナ研究班 ]
価格:1210円(税込、送料無料) (2020/7/2時点)

埼玉県比企郡小川町でゴルフ場運営の(株)小川カントリークラブは、6月26日に民事再生法の適用を申請し、保全・監督命令を受けた。

27ホールを有するゴルフ場「小川カントリークラブ」を運営していた。関越自動車道の嵐山・小川IC近くの好立地だが、ゴルフ人口の減少や近隣ゴルフ場との競合激化、天候不順なども重なり利用客は減少傾向となっていた。
 こうしたなか、今年に入り「新型コロナウイルス」の影響で売上が大きく減少し、民事再生による再建を図ることとなった。
 なお、民事再生法の適用申請と同日、支配人が代表に就任、現在も営業は継続している。「同業者等への事業譲渡は行わない予定で、ファンド等から融資を受けながら再建を進める」(会社側)としている。

会社名 (株)小川カントリークラブ
業 種 ゴルフ場運営
所在地 埼玉県比企郡小川町
設 立 昭和39年5月
資本金 9600万円
負債額 24億円
従業員 46名
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。