北海道札幌市でカラオケ店運営の(株)スカイグラウンドが破産

北海道札幌市でカラオケ店運営の(株)スカイグラウンドは、4月29日に事業を停止、4月30日に自己破産を申請し、5月25日に破産手続きの開始決定を受けました。

すすきので高級志向をコンセプトにした個室カラオケ店・「美食カラオケ空間エルカーサ」の運営などを手がけ、2011年からは一時近隣のもう1店舗の運営もしていました。
しかし、新型コロナウイルスの影響で来店客が減少し、先行きの見通しが立たなくなり事業を停止していました。
新型コロナウイルスの影響による道内の倒産は14社目で、カラオケ店の倒産はスカイグラウンドが初めてだということです

会社名 (株)スカイグラウンド
業 種 カラオケ店運営
所在地 北海道札幌市
設 立 2007年
負債額 2500万円
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。