東京都品川区でロボット機器開発のユニボット(株)が破産

東京都品川区でロボット機器開発のユニボット(株)は、2月21日に破産開始決定を受けた。

家庭用犬型ロボットAIBOの開発担当者らによって設立された。ロボットに導入するソフトウェアの開発を手掛け、2018年にはヒト型ロボット「Pepper(ペッパー)」に独自の顔認証知能やコミュニケーション機能を搭載した警備ロボット「ユニボットbyペッパー」を開発。
同年末までに運用を開始し、商業施設や介護施設などで起用され、新聞やテレビなどの取材を受けるなど注目されていた。
しかし、先行投資が経営の負担となり、2019年3月期には債務超過に陥っていた。資金繰りも限界に達したことから事業を停止し、今回の措置となった。

会社名 ユニボット(株)
業 種 ロボット機器開発
所在地 東京都品川区
設 立 平成29年12月
負債額 7000万円
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。