宮城県石巻市で造船・船舶修理の(株)ヤマニシが会社更生開始決定

宮城県石巻市で造船・船舶修理の(株)ヤマニシは、1月31日に会社更生法の適用を申請し、2月17日に更生手続き開始決定を受けた。

貨物船、客船、漁船などで豊富な実績を有し、東北地区を代表する造船業者として知られていた。1977年のオイルショックで経営に行き詰まり、会社更生法を申請して再建された経緯がある。
漁船から外航貨物船、コンテナ船まで造船し、2010年3月期には200億円あまりの売上高を計上していた。

2011年の東日本大震災では、本社及び工場1階部分が津波被害により全壊するなど甚大な被害を受けたが、その後メインバンクや東日本大震災事業者再生支援機構から40億円の出資を受けるなどの協力を得て、復興に着手していた。
2018年期には68億円台の売上高まで減少、減価償却費もかさみ、赤字計上が続いていた。
2019年3月期は大型案件の完工で111億7600万円を計上、黒字を確保したが、造船不況により先行きが不透明な状況が続くなか、ここにきて新造船事業の利益が伸び悩み資金繰りが悪化。財務好転の見通しが立たず自力での再建が困難となり、今回の事態となった。  

会社名 (株)ヤマニシ
業 種 造船・船舶修理
所在地 宮城県石巻市
創 業 大正9年3月23日
資本金 21億円
負債額 123億円
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。