京都府相楽郡和束町で茶卸・小売の(有)中尾園茶舗が破産

京都府相楽郡和束町で茶卸・小売の(有)中尾園茶舗は、11月21日に事業停止、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っていたが、2月5日に破産手続きの開始決定を受けました。

和束産宇治茶の老舗として知られ、茶卸のほか茶小売店舗と喫茶店も併営し、以前は2億円以上の売上高を計上していた。
しかし、スイーツなど新たな販売先も出てきたものの、中元・歳暮での売上高が減少し続け、売上高は1/3まで減少、資金繰りにも窮するようになり、今回の事態に至った。

会社名 (有)中尾園茶舗
業 種 茶卸・小売
所在地 京都府相楽郡和束町
創 業 明治6年
負債額 1億5000万円
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。