宮崎県 2019年1月〜12月の倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。宮崎県 2019年1月〜12月の倒産状況

宮崎県で2019年1月〜12月の倒産件数は26件で、前年比6件増。
負債総額は14億6300万円で、前年比86%減。

倒産件数、負債総額ともに集計を始めた1971年以降、最も少なかった。
この要因について、後継者不足などで廃業する企業が増えたこと、中小企業の借入金返済などに金融機関が柔軟に対応してきたことなどを挙げています。
今後の見通しについては、人手不足や国際情勢の変化、東京オリンピック以降の景気の変化などに注視する必要があるとしています。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。