九州・沖縄 2019年11月の倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。九州・沖縄 2019年11月の倒産状況

九州・沖縄で2019年11月の倒産件数は48件で、前年同月比9%減。
負債総額は161億1000万円で、前年同月比ほぼ倍増。

2019年の倒産件数は11月までの累計で586件となり、2018年の年間総数を超えた。前年を上回るのは2年連続となる。
緩やかな景気回復を背景に、倒産件数は2017年に年間520件と半世紀ぶりの低水準に減っていた。
だが、熊本地震の復興需要の一服や人手不足の深刻化で、じわり増加に転じている。韓国からの訪日客減少や消費税率引き上げの影響もあり、今後も緩やかに増える可能性は高いと指摘している。
11月下旬に倒産した暗号資産(仮想通貨)関連ビジネスのビットマスター(鹿児島市、負債総額109億円)が全体を押し上げた。負債総額が100億円を超える大型倒産の発生は3年3カ月ぶり。

外国人エコノミスト118人の英知を結集して、非常に論理的で素人にもわかりやすくテーマを解説した日本人の勝算 人口減少×高齢化×資本主義
「人口減少×高齢化」というパラダイムシフトに打ち勝つ7つの生存戦略を応用されてぜひ実践してください。



日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。