【続報】兵庫県神戸市で土木工事の(株)リステックコーポレーションが破産へ

兵庫県神戸市で土木工事の(株)リステックコーポレーションは、11月7日に事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。

各地に営業所を設け、建築現場の基礎掘削工事を得意として宅地造成工事、外構工事なども手がけ、平成31年3月期には8億円台の売上高を計上していた。しかし、資金繰りはゼネコン等からの前受金に依存し、各地の営業所の経費増から資金繰りを圧迫するようになっていた。

会社名 (株)リステックコーポレーション
業 種 土木工事
所在地 兵庫県神戸市
設 立 平成29年4月
創 業 平成8年
資本金 500万円
負債額 6億5000万円
従業員 40名

あの会社はこうして潰れた (日経プレミアシリーズ) [ 帝国データバンク情報部 藤森徹 ]は、信用調査会社の方が書いた本なので、取材対象にインタビューを試みて、倒産の背景を深掘りするようなアプローチはしていません。淡々と客観的に、会社が潰れていく過程をまとめ、類型化している。一般の方にも興味深く読んでいただける内容に仕上がっていますが、実際に倒産を見聞きすることの多い、金融業など玄人筋の方からも高い評価を受けています」

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。