千葉県 2019年7月の倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。千葉県 2019年7月の倒産状況

千葉県で2019年7月の倒産件数は19件で、前年同月比3件増。
負債総額は95億1900万円で、前年同月比4倍増。。

負債総額が10億円を超える大型倒産が1件発生した。
産業別の件数はサービス業が6件で最も多く、卸売業(5件)、小売業(4件)と続いた。上位は典型的な内需依存型産業で、特に個人消費に直結する分類に企業倒産が集中していると分析する。
従業員数別では5人未満が12件で全体の6割を占める一方、50人以上も2件あった。原因は「業績不振」が14件で最多。「原材料費の上昇や人件費負担の増加で経営改善ペースが鈍化し、事業継続を断念するケースも見られた。
7月単月の倒産件数としては1989年以降で4番目に少ない。中小零細企業への資金繰り支援環境の整備により、依然低い水準で抑えられているとする。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。