【続報】東京都でキャラクター商品企画制作小売の(株)GG7が破産

東京都港区でアニメ・ゲームのキャラクター商品企画制作小売の(株)GG7は、7月19日に破産手続き開始決定を受けた。

(株)アエリア(東京都)の連結子会社としてアニメやゲーム関連のライセンス商品を企画するほか、自社店舗の「Hybrid Mind Maket」で店頭販売も手掛けていた。
「ソード・アート・オンライン」や「東京喰種〜トーキョーグール〜」等人気アニメやゲームのクリアファイル、ポストカードなどのグッズを多数手掛け、2017年9月期に売上高約7億7000万円をあげていた。
しかし、2018年にはライセンス商品の受注減少に見舞われ、経営が悪化。2019年に入ってアエリアの連結対象会社から外れた。直営店の閉鎖などのリストラを進めたものの支えきれず、2019年7月に事業を停止した。

会社名 (株)GG7
業 種 アニメ・ゲームのキャラクター商品企画制作小売
所在地 東京都港区
設 立 平成24年10月
資本金 1000万円
負債額 1億8000万円
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。