北陸3県 2019年1月〜6月の倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。北陸3県 2019年1月〜6月の倒産状況

北陸3県で2019年1月〜6月の倒産件数は97件で、前年同期比49%増。
負債総額は426億4200万円で、前年同期比5倍増。

景況感の悪化や人手不足などが影響しているとみられる。
県別では、富山が83%増の42件、石川が32%増の37件、福井は29%増の18件だった。業種別ではサービス業が2.4倍の26件、製造業が90%増の19件、卸売業が67%増の10件だった。

前年にはなかった負債額100億円以上の倒産が福井県で2件発生して負債総額を引き上げた。主因別では販売不振などの不況型が8割を占めたが、人手不足による倒産が2件、経営者の病気や死亡によって跡継ぎなどが確保できない倒産が5件あった。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。