千葉県 2017年度の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。千葉県 2017年度の倒産状況

千葉県で2017年度の倒産件数は239件で、前年度比6%減。
負債総額は225億4100万円で、前年度比28%減。

金融機関が中小企業の資金繰りに柔軟に対応したことが奏功した。10億円を超える大型倒産は1件(前年度2件)にとどまった。
倒産件数を業種別にみると、建設業が64件で最も多かった。2016年度に最多だったサービス業が52件、卸売業が41件で続いた。
従業員別では、5人未満の企業が174件で全体の7割超を占めた。後継者問題などを抱えている企業の淘汰は避けられず、緩やかに増加する可能性があるとみている。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。