北海道 2017年度の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。北海道 2017年度の倒産状況

北海道で2017年度の倒産件数は263件で、前年度比6%減。
負債総額は726億円で、前年度比373億円増。

好調なインバウンド(訪日外国人)消費や個人消費の回復を受け、小売業などの倒産件数が大きく減った。
金融機関で業績が振るわない企業に対し返済猶予を伸ばす動きがあるという。小売業は27%減の37件、卸売業は15%減の45件。
サービス・他が69件と最も多く、建設業(57件)が続いた。
商業施設「ウイングベイ小樽」を運営する小樽ベイシティ開発(小樽市、負債280億円)の倒産が影響した。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。