老人福祉事業 2017年度の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。老人福祉事業 2017年度の倒産状況

老人福祉事業で2017年度の倒産件数は90件で、過去最多。
負債総額は134億5600万円で、過去最高。

倒産件数をサービス種別に見ると、最も多かったのが「通所介護」の36件で、4割を占めた。
以下は、「訪問介護」32件、「有料老人ホーム」10件、「高齢者専用住宅」8件、「グループホーム」3件、「老人センター」1件の順だった。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。