九州・沖縄 2018年1月の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。九州・沖縄 2018年1月の倒産状況

九州・沖縄で2018年1月の倒産件数は46件で、前年同月比8%減。
負債総額は44億7100万円、前年同月比50%減。

業種別の件数は、小売業と農林漁鉱業の2業種で増え、情報通信業、建設業など6業種で減った。県別では佐賀、熊本、鹿児島が増加し、福岡、長崎、沖縄が減少。大分、宮崎は横ばいだった。
一方、人手不足に関連した倒産は1月に3件発生した。平成29年度の累計では33件となり、26年1月の集計開始以来、最多だった28年度の件数と並んだ。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。