大阪市東住吉区で水産物販売の(株)岩本水産が破産



大阪市東住吉区で水産物販売の(株)岩本水産は、9月4日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っていたが、10月12日に破産手続きの開始決定を受けました。

商店街やスーパーの鮮魚コーナーで水産物の販売を行い、以前は12億円以上の売上高を計上していたが、競争激化、共稼ぎ世帯の増加により、料理に手間取る魚販売量の減少などから、平成28年8月期には7億円台まで売上高が落ちていた。
競争も激しく、薄利多売の業界にあり、採算性も悪化して、リストラによる不振店の閉鎖、撤退損による財務内容の悪化などもあり、経営不振が続き、今回の事態に至った。

会社名 (株)岩本水産
業 種 水産物販売
所在地 大阪市東住吉区
創 業 昭和20年
負債額 3億円
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。