全国太陽光関連事業 2017年1〜9月の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。全国太陽光関連事業 2017年1〜9月の倒産状況

全国太陽光関連事業で2017年1〜9月の倒産件数は68件で、前年同期比62%増。
負債総額は215億6300万円で、前年同期比17%増。

過去最多だった2016年(1〜12月)の65件を上回り、2015年から3年連続で最多記録を更新した。このペースで推移すると年間90件に達する可能性もあり、関係事業者の倒産がさらに増えことが危惧される。
太陽光発電市場は、2017年7月の固定価格買取制度(FIT)導入により急拡大したが、事業者の乱立や買取価格の引き下げにより、住宅向けや低圧案件の市場規模を中心に市場の縮小傾向が続いている。
負債総額は、負債1億円未満が35件(構成比51%)と小口倒産が中心のため、件数に比べて負債は膨らんでいない。
しかし、倒産件数や状況次第では過去最多の2016年242億4100万円を上回る可能性があるという。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。