兵庫県 2017年4〜9月の倒産状況



倒産速報 明日はわが身です。兵庫県 2017年4〜9月の倒産状況

兵庫県で2017年4〜9月の倒産件数は253件で、前年同期比11%増。
負債総額は208億800万円で、前年同期比16%増。

倒産件数と負債総額が増えた背景には、景気回復の動きが鈍ってきたことがあるという。13年3月の中小企業金融円滑化法の終了後も返済条件の緩和を受けながら倒産したケースが10件あった。
業績が良くならない倒産予備軍は多いとみており、件数は今後も高止まりすると見通す。
規模別では、4割超の105件を個人経営が占め、中小零細企業の倒産が増加する傾向が続いている。
業種別では「小売業」(73件)が最多で、「建設業」(52件)、「サービス業」(48件)が続いた。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。