宮城県仙台市で土木工事の(株)日商が自己破産申請の準備



宮城県仙台市で土木工事の(株)日商は、10月1日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入った。

東日本大震災の復旧工事を目当てに事業を急拡大させ、設立当初の3億円弱の売上高を平成28年3月期(決算期変更)には21億円まで増加させていた。
しかし、震災復旧工事が一巡し、受注が急減する中、これまでの重機などへの投資が経営に重く圧し掛かり、経営不振が深刻化、今回の事態に至った。

会社名 (株)日商
業 種 土木工事
所在地 宮城県仙台市
創 業 平成22年
負債額 38億円
従業員 120名
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。