九州・沖縄 2016年度の休廃業・解散状況



倒産速報 明日はわが身です。九州・沖縄 2016年度の休廃業・解散状況

九州・沖縄で2016年度の休廃業・解散件数は2901件で、前年度比5%減。

熊本県の企業の休廃業・解散件数は、施設や設備の復旧費用を補助する政府の支援制度や復興需要から、前年度比12%減の324件となった。

休廃業・解散企業で、代表者の年齢が判明した社のうち60歳以上だったのは74%。年商規模が分かった社の中では1億円未満が86%を占め、零細企業で廃業などが顕著になっている現状が浮き彫りになった。
人口減少で売り上げの先細りが見込まれる中、後継者難が深刻化している可能性がある。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。