滋賀県守山市で弁当製造・給食受託運営の(株)一番他1社が破産



滋賀県守山市で弁当製造・給食受託運営の(株)一番と関連の西日本オリエンタルフーズ(株)(大阪府枚方市)、は4月10日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っていたが、4月12日に破産手続きの開始決定を受けました。
負債額は、(株)一番が約7億円、西日本オリエンタルフーズ(株)が約2億円。

滋賀県内や京都府の事業者約700社に対して、弁当や給食の受託事業を展開し、以前は15億円以上の売上高を計上していた。
しかし、コンビニが所狭しと同社の営業エリアに出店し、同業者間も含めて競争激化、売上高の減少、採算性も悪化させ、平成28年2月期には8億円台まで売上高が減少していた。
そうした中、今年3月、滋賀県の工場で、同社製の弁当を食し食中毒が発生、保健所から4日間の営業停止処分を受けるなど、信用まで失墜させ、今回の事態に至った。
西日本オリエンタルフーズ鰍ヘ活齡ヤに連鎖した。

会社名 (株)一番
業 種 弁当製造・給食受託運営
所在地 滋賀県守山市
設 立 平成5年7月
負債額 9億円(2社合計)
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。