山形県尾花沢市で木造建築工事・土木工事業の(株)長谷川工務店が破産

山形県尾花沢市で木造建築工事・土木工事業の(株)長谷川工務店は、2月29日までに事業を停止した。弁護士や告示書によると、自己破産の申請を準備中でしたが、3月22日に破産手続きの開始決定を受けました。

戸建て木造住宅建築を主体に、店舗や商業施設のほか、公共施設の建築を行い、2000年には約6億6200万円の売上高を計上した。
その後は大口の公共工事の減少で売り上げがダウンしたほか、外注依存度の高さから採算性の乏しい運営が慢性化。
2015年の売上高は約1億4200万円まで落ち込み、資金面も余裕感の乏しい状況が続いていた。
受注環境の回復が進まず、先行きの見通しも立たなかったことから、事業継続を断念した。

会社名 (株)長谷川工務店
業 種 木造建築工事・土木工事業
所在地 山形県尾花沢市
創 業 1941年(昭和16年)
負債額 2億円
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。