大阪府大阪市北区で印刷業のクワハラ印刷(株)が弁護士一任



大阪府大阪市北区で印刷業のクワハラ印刷(株)は、3月10日までに破産手続きを弁護士に一任した。

照明器具の取扱説明書作成で在阪大手メーカーと長年の取引実績を築いてきたほか、緩衝パッケージの設計や家電量販店等で使われる吊り下げ型の商品案内の印刷などを手掛けていた。

また、早くから工程のデジタル化に取り組み、ホームページ制作や映像編集、音響効果を収録したメディアの販売など、印刷業以外にも事業領域を広げてきた。
 
しかし近年、主力取引先の低迷により受注が減少し、業界全体の不振もあって売上・利益ともに低迷していた。経費削減に取り組み事業を継続してきたが、ここにきて決済資金のめどが立たなくなり、今回の措置となった。
 
会社名 クワハラ印刷(株)
業 種 印刷業
所在地 大阪府大阪市北区
設 立 昭和43年12月
資本金 1000万円
負債額 1億1499万円

印刷業以外にも様々な取り組みを行い、少々印刷の依頼が減少しても経営が傾くことはないように思えますが、経営を維持するだけの規模にはなっていなかったのでしょう。

破産を選択されたのですから仕方がありませんが、様々な分野に取り組むだけの能力があったので、再建してほしい会社の一つであることは間違いありません。

小売業・サービス業のマーケティング [ 尾碕真 ]
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。