大分県大分市で宅地販売の(株)エンタープライズ自由ケ丘が民事再生開始決定


オレンジゼリー 【ギフト】大分県産ゼリー 杵築の美娘 6個入

大分県大分市で宅地販売の(株)エンタープライズ自由ケ丘は、1月15日に民事再生法適用を申請し、保全処分・監督命令を受けていましたが、3月7日に民事再生手続きの開始決定を受けました。

1,600区画の大規模住宅地「京が丘」の分譲会社で、89ha(東京ドーム19個分)の宅地開発を行い、平成16年6月から第1期分譲開始した。

平成25年には80区画を販売し、6億2400万円の売上がありました。
しかし、産業廃棄物処理場からの異臭発生が取りざたされるなど、外部環境の厳しさから販売状況は苦戦が続いていた。
総区画の4分の3内外が売れ残っている。

地場不動産業者からは「なぜあんなところで開発を始めたのか」と、京が丘開発事業そのものに対する疑問の声が聞かれた。分譲開始当初から立地条件の悪さを指摘されていたようだ。

会社名 (株)エンタープライズ自由ケ丘
業 種 宅地販売
所在地 大分県大分市
設 立 1992年3月
資本金 3000万円
負債額 152億円

民事再生の決定が出たということは、再建出来る可能性があると裁判所が判断したわけですが、地場不動産業者からは「なぜあんなところで開発を始めたのか」と言われるくらいですから、実際に宅地が売れるでしょうか。

異臭が発生し、倒産した会社が販売する土地を購入して、数千万円をかけて家を建てようと思う人は少ないのではないでしょうか。
宅地以外の利用方法を考えて販売するのが良いと思われます。

同じ商品を別の販売方法で売ろうという訳ですから、発想の転換が必要になってきます。
簡単に良い知恵が出るとは思えませんが、福沢諭吉の出身地でもある大分県ですから、ぜひこの苦境を乗り切って欲しいです。

幸い大分県には温泉がたくさんありますので、自分が一番気に入っている温泉に行かれて身も心もリフレッシュさせると良いでしょう。

大分県の温泉と言えば、別府温泉や由布院温泉がありますが、今回に限っては日田温泉がおすすめですね。

大分市から車で行かれると約1時間20分程度ですから、気分を転換するには丁度の距離でしょうね。
そして、リーズナブルなお宿に泊まられて、何もしない贅沢を味わいながら、今後の方針を練ってください。

⇒日田温泉はこちらから検索できます
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。