山形県山形市で宅地分譲の県労働者住宅生活協同組合が破産


システムキッチン I型 送料無料!! クリナップ ラクエラシステムキッチンI型 間口1800m…

山形県山形市で宅地分譲の県労働者住宅生活協同組合は、2月26日に破産手続きを申し立て、同日付で手続きの開始決定を受けたと発表した。

宅地分譲を主たる業務として団地の開発や賃貸・リフォーム事業などを展開してきたが、近年は宅地分譲事業の需要が減ったことに伴い、収益が年々減少していた。
2005年には約14億6900万円の売上高を計上したが、2015年約1億1900万円に落ち込んでいた。

2009年から事業を行っている高齢者専用賃貸マンション「ガーデンテラス七日町」(山形市)は37室に44人が入居している。
破産管財人によると、この事業については受け入れ先を探して継続する方向で調整する。

会社名 県労働者住宅生活協同組合
業 種 宅地分譲
所在地 山形県山形市
設 立 1967年(昭和42年)
代表者 小口裕之
負債額 5億1300万円

誰から見ても当然の破産と言われるような状況には追い込まれたくないですね。

最悪でも「残念」とか「もう一度再建してほしい」などと言われたいですね。

もちろん倒産しないのが一番で、順調な経営が行われるのが本来のあるべき姿なのですね。

しかし、本来のあるべき姿を見失っている企業があまりにも多いと思いますし、1億円未満の負債総額で倒産に追い込まれて企業が増加しているのが気になります。

この記事を読まれたあなたにとって、今日はチャンスかもしれません。

順調な経営が行われずに、土地や建物が金融機関の担保に入っているでしょうし、めぼしい資産がないから資金繰りが苦しくなっている場合でも、本業で頑張れば立ち直れるように思えます。

ただし、最も大切な前提条件が健康であることです。

高齢などの理由で健康を損ねている場合には難しいかもしれません。

何度もこのブログで申し上げていますが、まずは「倒産しない。借金をすべて返済する」という夢と目標を持ってください。

腹の底から持つことが出来たらもう大丈夫です。

あとは「幸せなお金持ち」になる秘密、ここにあり! 「ir大学」に書かれていることを、無理をしない範囲で、あせらずに、がむしゃらに取り組んでください。

必ず道が開けます。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。