大分県臼杵市で土木工事の首藤工業(株)が破産


NZG ミニチュア模型LIEBHERRリープヘル A900C ZW Litronic エクスカベーター油圧ショベル ユン...

大分県臼杵市で土木工事の首藤工業(株)は、9月18日に自己破産を申請し、10月9日に破産手続きの開始決定を受けました。

官公庁からの発注が減少し、材料費や人件費が値上がりして経営内容が悪化した。
平成26年は2億7000万縁の売上で、粗利益は254万円、結果3200万円の赤字になっていました。

会社名 首藤工業(株)
業 種 土木工事
所在地 大分県臼杵市江無田1484
創 業 1962年
代表者 首藤真悟
資本金 2000万円
負債額 3億円

販売不振の原因は営業力の不足から来ているのではないでしょうか。

さらには経営体質に問題があって、利益を出せなかったこと最大の倒産要因ですね。

仕事を受注して、売上金を回収して、必要な経費を支払、残った利益を再投資したり、内部留保するのが経営です。

が、仕事の受注が少なかったり、経費以上の利益が出ない仕事を受注していては会社を継続させることは無理になってきます。

職人肌の経営者には仕事には詳しくても経理や営業に弱い人が多い傾向があり、高齢者で後継者のいない中小零細企業では勤労意欲さえ失っている場合も考えられます。

倒産という状況に追い込まれる前に次の一手を打ってほしいです。

営業については、片桐健氏の人より一歩先行く営業102の法則。を参考にされてはいかがでしょう。

書籍を5〜10冊購入する程度のお金で購入できますし、無料レポートも取得できます。



 
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。