顧客とトラブルで!鹿児島県鹿児島市でソフト受託開発の(株)コムシステムが破産


レノボ タブレットパソコン

(株)コムシステムの倒産要因は受注不振となっていますが、受注不振になった原因がハッキリと分かっていません。

ただ、情報によりますと納品したソフトにトラブルがあったとされています。

トラブルが1件だけだったのか、複数あったのかは不明ですが、受注するのに一番良いのはお客様からの紹介が一番良いと言われています。

広告宣伝費も非常に安くつき、信頼感も十二分にありますね。

ではどのようにしてお客様からの紹介で受注を増やせば良いかと言えば、今いる顧客をとにかく大切にすることでしょうね。

年賀状や暑中見舞いは当然ですが、時期をみて定期的にお伺いをして、顧客レベルから、信者やファンというレベルにまで持って行くことではないでしょうか。

そのためには、それなりの営業方法が必要ですが、受注不振になるような会社では知識やアイデアが少ないことが大きな問題になってきます。

人より一歩先行く営業102の法則。にも良い方法がたくさん書かれていますので参考にされると良いではないでしょうか。

鹿児島県鹿児島市でソフト受託開発の(株)コムシステムは、12月1日に事業停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っていたが、1月27日に鹿児島地裁において破産手続きの開始決定を受けた。

会社名 (株)コムシステム
業 種 ソフト受託開発
所在地 鹿児島県鹿児島市西田1−11−10
代表者 川野修
負債額 1億5000万円
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。