京都府京都市山科区で不動産業の東洋建物(株)が破産


乾物屋の底力 京都勧修寺 京すきやき麩

京都府京都市山科区で不動産業の東洋建物(株)は、12月15日に京都地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。

東洋建物(株)は不動産開発を行っていて、取得した不動産開発用地の販売不振で資金固定化が経営を圧迫し、今回の措置となった。

会社名 東洋建物(株)
業 種 不動産業
所在地 京都府京都市山科区厨子奥矢倉町34−7
負債額 2億5000万円
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。