東京都文京区で不動産賃貸の(株)インターナショナルイーシーが破産


ビル / ivva


東京都文京区で不動産賃貸の(株)インターナショナルイーシーは、12月5日に東京地裁より破産開始決定を受けた。

1月に破産した土地売買業のエヌ・エス・アール(株)の1650億円に次いで、今年2番目の大型倒産。

コスモ・ワールド(株)の会社名で、建築関連のソフトウェアの販売・リースを手掛けるほか、バブル経済好況期(1986年〜1991年)にはゴルフ場開発なども手掛けて、65億9439万円の売上がありました。

しかし、バブル経済崩壊以降、赤字決算が継続し、他社に事業譲渡、所有不動産の賃貸業務を主力として事業継続してきた。

その後、新規事業として空調システム開発に着手したが、思うような成果が上がらず、過去の不動産投資などによる借入金の負担もあって資金繰りが再び悪化。

実質的に事業休止状態にある中において、今回の措置となった。

売上が大きく、利益も大きな会社を目指す人が多いと思いますが、「よい会社」を目標にする人が想像以上に少ないです。

良い会社は究極的に売上・利益を伸ばせるように思います。

「よい会社」を目指して、身の丈に合った事業規模を目指せば倒産する可能性が極端に低くなります。

「幸せなお金持ち」になる秘密、ここにあり! 「ir大学」には、新しい道が開ける可能性のヒントが満載です。

会社名 (株)インターナショナルイーシー
業 種 不動産賃貸
所在地 東京都文京区後楽1−2−2
設 立 1984年(昭和59年)9月
代表者 戸澤茂
資本金 1億円
負債額 485億5342万円
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。