大阪府大阪市中央区でビルメンテナンスの(株)メイハンコーポレーションが破産

大阪府大阪市中央区でビルメンテナンスの(株)メイハンコーポレーションは、7月29日に申請処理を弁護士に一任して、大阪地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。

倒産要因はボウリング場、フィットネスクラブ、文化教室、複合商業施設など運営していた和歌山県有田市の(株)ネクスト(旧トコリ・グローバル(株))が2014年3月24日に経営破綻し、同社は大口焦げ付きが発生、それ後、粉飾決算も表面化し支援を得られず、資金繰りを悪化させていた。

最悪の倒産ですね。

取引先の倒産をうけて、連鎖して倒産に追い込まれるとはハッキリ言って恥ずかしい話なのです。

420名もの社員がいたのですから、優秀な社員が5〜10名もいればこのような失敗は起きなかったと思われます。

社長がワンマンで、他の人はイエスマンの集まりであった場合に起きるケースが多い倒産ですね。

これは、性格の問題もありますので、簡単には直らない話です。

多くのワンマン会社が大きくなったために倒産したケースは、ダイエーを始め数多く見てきましたが、従業員が本当にかわいそうです。

会社が倒産するのは当然だとしても、黙々と正直に働いてきた従業員がその被害者になるのを止める方法もないのですね。

急成長している会社は不安定な場合が多くあります。

「幸せなお金持ち」になる秘密、ここにあり! 「ir大学」を読むと、よく分かってくるはずです。

会社名 (株)メイハンコーポレーション
業 種 ビルメンテナンス
所在地 大阪府大阪市中央区内淡路町二丁目4番7号
設 立 1997年7月16日
代表者 田畑 敦之
負債額 24億円
従業員 420名
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。