福井県鯖江市で眼鏡枠製造の畑中眼鏡(株)が自己破産へ



福井県鯖江市で眼鏡枠製造の畑中眼鏡(株)は、4月28日付で福井地方裁判所へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

HKスペアー・チカラ・ピュアレ・ピュアレ スタイル・ブラッドフォード・オーブ・フロス・ミチコ ロンドンなどのブランド製品を作るとともに、書道家・吉川寿一氏(福井県出身)のコンセプトでハウスブランドを展開していました。

デパートや眼鏡チェーンを得意先として、ビッグサイトで行われるメガネの国際総合展にも出展し、1999年には6億9000万円の売上がありました。

しかし、景気の悪化で消費が落ち込み、低価格の眼鏡が主流となり、海外製品との競争に負け、今回の措置となったものです。

素晴らしいブランドを持っていたので、低価格眼鏡と競合しないマーケットで売上を確保する方法はなかったでしょうか。

コンサルタントとして税理士さんをもっと有効に活用したいですね。

税理士さんは多くの企業の経営内容を把握していますおで、税務署に申告を行うだけでなく経営にも参画してもらえるようにすると、事業の展開が違ってくると思います。

同じメンバーで知恵を出すにしてもどうしても同じパターンになりがちです。

無料で税理士さんを紹介してくれますので、ぜひとも一度相談してみてください。

バナー原稿 100×60_c (130607)imp


会社名 畑中眼鏡(株)
業 種 眼鏡枠製造
所在地 福井県鯖江市神中町2丁目6−3
設 立 1970年(昭和45年)5月1日
創 業 1959年(昭和34年)7月1日
代表者 畑中義和
資本金 1000万円
負債額 2億4000万円
従業員 6名
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。