最大25年間保証制度のある会社がたった7年で倒産!



福岡市中央区のGlobal Energy Japan(株)(旧・ロハス電力(株))は、太陽光発電やオール電化などの会社でした。

平成20年の売上はわずか8724万円だったものが、平成23年8月に再生エネルギー特別措置法が成立したことから、メガソーラーの販売・施工に進出し、平成24年には18億円に、平成25年には32億円にまで事業を急激に拡大しました。

しかし不思議なことに、自己資本比率は13.2%から9.3%に減っています。(赤字だったのでしょうか?)

平成24年には「ジャパンベンチャーアワーズ」で新エネルギー特別賞を受賞し、 平成25年7月には経済産業省より特定規模電気事業者の認定を受け、平成26年の売上は100億円を見込んでいました。

しかし、内田俊一郎前代表が平成25年12月に辞任するなど内紛があって、従業員が次々と退職し、取引先への支払いが遅れたり、3月からは事業が停止し、4月4日に債権者から破産を申し立てられたものです。

Global Energy Japan(株)は社員の定着率が悪く、新入社員と同数の社員が1年間で辞め、取締役も頻繁に交代していました。

内田俊一郎前代表は退職金は受け取り、福岡市中洲に「リバーサイド・ハリウッドヒルズ」という飲食店を開業しています。

「顧客満足度97.9%」「安心の施工!2000棟の実績」や「最大25年間の保証制度&アフターフォロー」という宣伝文句で、Global Energy Japan(株)に太陽光発電を設置してもらったり、電力を購入していた人たちの今後はどのようになるのでしょうか。


会社名 Global Energy Japan(株)(旧・ロハス電力(株))
業 種 メガソーラーの販売・施工
所在地 福岡県福岡市中央区渡辺通2−1−82
設 立 平成19年7月
創 業 平成19年5月
代表者 山之内博
資本金 5000万円
年 商 32億2701万円(25年6月期)
負債額 13億5100万円

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。