岐阜県でテーマパーク運営の(株)ヒルトップ他1社が特別清算

東証・名証1部上場の小売業「バロー」の関連会社で、岐阜県郡上市でテーマパーク「牧歌の里」と日帰り入浴施設「牧歌の里温泉牧華」を運営する(株)ヒルトップおよび農業生産法人ひるがのフラワーファーム(株)は、2013年11月6日付で事業再生実務家協会に事業再生ADR手続を申請し、翌7日付で受理されていました。

両社は2014年4月14日、東京地方裁判所において、特別清算の開始決定を受けた。

(株)ヒルトップは、バローが30.9%、郡上市が1.8%を出資する第三セクターとして観光施設の運営や温泉事業を手掛け、1991年に設立のひるがのフラワーファームは、園芸農業果樹の生産販売および畜産農業を手掛けていました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みやレジャーの多様化などから業績が悪化すると、資金繰りの行き詰まりから自力での再建は困難と判断、資金繰りの改善を目指し今回の申請に至ったようです。

2013年12月、事業を新会社(株) 牧歌のコーポレーションを設立して事業譲渡、現在は同社により運営されており、両社は清算されることになっていた。

負債額はヒルトップ約14億円、ひるがのフラワーファーム約11億円の計約25億円。

会社名 (株)ヒルトップ
業 種 テーマパーク運営
所在地 岐阜県郡上市高鷲町鷲見2756−2
設 立 1992年
代表者 池戸達也(代表清算人)
負債額 14億円

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。