佐賀県 2013年度の倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。佐賀県 2013年度の倒産状況です。

佐賀県の2013年度の倒産件数は54件、負債総額は56億4900万円。

倒産件数は2012年度から4件増ですが、負債総額は平成になってから最低の数字となりました。

倒産件数が増えて、負債総額が減少した背景には、小口倒産が目立ったことにあります。
負債総額が1億円未満が全体の70%を占めていて、売上も決して多くはなく企業だと思われます。

おそらく1億円以下でしょうね。
このような企業では高齢の経営者が多く慢性的な赤字体質で、倒産要因として「売上不振」「累積赤字」などが挙げられます、実質は経営者としての機能をはたしていないのではないでしょうか。

新しいアイデアが出るわけでもなく、体力的にも精神的にも元気さを失っていて、漫然と営業を継続しながら赤字を増やしていると思われてなりません。

この状況を抜け出す方策を考える必要に迫られているはずですが、その方法さえ見つかっていないのではないでしょうか。

同じように倒産するのであっても、明日につながる倒産と破滅型の倒産があります。

すべてを失う倒産に追い込まれることがないように、今すぐ相談をしてほしいです。

借金や破産についてお悩みの方は板垣法律事務所まで。に相談してみてください。
きっと良い方法がみつかるはずです。

悪循環して経営環境から抜け出すには思い切った手段が必要になります。
無料相談をしていますので、一人で悩まずにぜひ連絡をしてみてください。

幸運をお祈りしています。


債務整理

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。