中国との関係悪化でチャイナトラベルネットワークが倒産

2004年に中国旅行を専門に扱う旅行業者として(有)チャイナトラベルネットワークが設立されました。

新規参入であることから楽な経営だとは思っていませんでしたが、地道な営業活動が実って次第に実績が積み重なっていました。

しかし、日本と中国との関係が悪化したり、中国の国内事情から旅行客が減少し倒産に追い込まれたものです。

新規参入や中国専門の旅行業者であることは織り込み済みで会社を作ったのでしょうが、まさか日中関係がこれほど悪化するとは思っていなかったのではないでしょうか。

危機管理という言葉がありますが、どこまでが危機なのかを判断することは本当にむつかしいですね。

海外旅行を扱う業者では2013年度には、日東トラベル・パーフェクトアイズ・トラベル世界・サザンツーリストやサザンツーリストなどが倒産しています。

レジャーの多様化や団体旅行の減少などで苦しい経営環境になっている旅行代理店に明るい光が差し込むように日本の外交を改善してほしいですね。

会社名 (有)チャイナトラベルネットワーク
業 種 旅行代理店
所在地 愛知県名古屋市中区丸の内1-14-24 ライオンズビル第2丸の内203
設 立 2004年
資本金 950万円
負債額 1億3000万円





日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。