2013年の猛暑で倒産?和歌山県日高町の(株)岡養鶏場

和歌山県日高町で養鶏業の(株)岡養鶏場が2014年4月12日に事業を停止し、自己破産の準備に入っています。

和歌山県の特産品である南高梅から作られた梅酢エキスを飼育しているニワトリにエサとして与え、「隠れ谷の紀州うめたまご」という付加価値の高い卵を製造販売していました。

地元の日高町に1店舗、大阪府八尾市と堺市に直営店を作り、スーパーや通販業者に卸を行い、卵を使ったスイーツも開発して2億円の売上にまで成長していました。

しかし、2013年夏の猛暑で育てていたニワトリが次々と倒れて、生産が激減したのです。

当然、売上の減少に直結し急速に資金繰りが悪化して今回の措置となったものです。

目の付け所は良かっただけに残念ですね。

ニワトリが次々と死んでしまうという天災によって倒産に追い込まれたわけですが、改めて危機管理の大切さを教えてもらいました。


会社名 (株)岡養鶏場
業 種 養鶏業
所在地 和歌山県日高郡日高町萩原151
設 立 2006年
代表者 岡敏文
資本金 300万円
負債額 1億3000万円

バナー原稿 100×60_a (130607)imp

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。