秋田県 2014年1月の倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。秋田県 2014年1月の倒産状況

秋田県で2014年1月の倒産件数は9件で、負債総額は11億8400万円でした。

1月としての倒産件数は過去10年で最も多く前年比で2.5倍、負債総額は前年比で2倍になっています。

調査によりますと累積赤字での倒産が多く、少子高齢化による売上不振が目立っています。

過去にはそれなりの実績があった会社も経営者の高齢化で、マンネリ化された経営や営業が継続しているのが最大の要因のように思われます。

今後も少子高齢化は続くと思われますので、営業術で悩み解消102の方法。で、今までの取り組みを見直して、新しい方法を取り入れてください。

座して倒産を待つようなことがないように、今すぐに行動することが一番大切ではないでしょうか。



日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。