年金生活者を食いものにした!福岡市で偽装質店の褐b比寿他1社が破産

福岡県福岡市博多区で質店経営の褐b比寿は、「えびす」の屋号で質店を経営していた。

泣_イギンエステートは2003年(平成15年)3月に設立し、「アオキ」の屋号で質店を経営し、両社あわせて広島や佐賀、熊本などに店舗を展開していた。


両社は質屋であったが福岡県警は2012年10月、質草は安物時計などを提供させ、実質年金を担保にして高齢者に対して(質屋金利の)違法な高金利で金を貸し付けていたとして、貸金業法違反(無登録営業)容疑で家宅捜索。その後、代表らが逮捕されていた。

システム金融の発祥の地も福岡、偽装質屋も福岡、福岡は指定暴力団の数が全国一の地域ですからこのような事件が起きるのでしょうか。



今後心配されるのは、融資債権を仲間内か何かに適当に売り払っていて、同社などから借り入れているものの被害者の会に入っていない人たちが狙われる可能性ですね。

負債総額は、褐b比寿が30億円、泣_イギンエステートが28億円。


福岡県福岡市博多区で質店経営の褐b比寿と関連会社の泣_イギンエステートは、1月7日に福岡地裁から破産手続き開始決定を受けた。
破産管財人は高松康祐弁護士。

会社名 褐b比寿
業 種 質店経営
所在地 福岡県福岡市博多区住吉5-5-15
設 立 2008年(平成20年)2月 
代表者 大山貴博 
資本金 300万円
負債額 58億円(2社合計)

債務整理
★無料相談★自己破産以外の借金整理方法もあります。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。