50代「お荷物社員」の実態 あだ名は「伝書バト」

 最近ではメディアでもワーキングマザーについて取り上げることが多く、職場で厳しい目を向けられているのは働く母親…かと思いきや、どうやらそうとも言い切れないようだ。アエラが会社勤めの20〜50代を対象に「使えない社員」について調査したところ、全世代が共通して挙げたのは「50代男性」だった。ある企業ではこんな「お荷物社員」を抱えているという。

大手メーカーA社の首都圏の支店。50代前半の男性本部長のあだ名は「糸電話」「伝書バト」。いつもぼーっと席に座っていて、たまに「調整」の名目でいそいそと本社に出かける。現場の社員はこう思っている。彼は何のためにいるのか?ある女性社員(27)は言う。

「年配社員が就くポストをなくさないためだけにある、いわば『ポスト維持のためのポスト』。仕事はほぼすべて本部長より下の上司だけで回っているし、むしろ彼のせいで現場が混乱します」

 というのも、本部長は本社に行くと要求をすべてのんでしまい、支店には「伝える」だけ。現場の状況を考慮し、本社の無理な要求とすり合わせて交渉するのが「調整」ではないのか。

 それだけではない。ある時、人事異動が予定日を2日過ぎても発表されなかった。異動を伝えるのは本来、本部長の仕事だ。痺れを切らした本部長のすぐ下の部長が、人事異動発表のメールを作って本部長に送った。

「このメールを部署内に転送してください」

 そのメールを見た本部長は「部長が代わりにメールをみんなに送ってくれた」と勘違いし、さらに数日放置。結局、本来の発表日から5日以上経ってからようやくメールが回ってきた。前出の女性社員は言う。

「バブル前後に採用された50代ぐらいの男性は本当にお荷物。給与が高いのに、利益を生み出す仕事をしない。働かないだけならまだしも、彼らが『働いているフリ』をするごとに私たちの仕事が増えていくんです」

編集後記
コネなし・資金なし・学歴なしーゼロからの成功術
パワーマネキン(実演販売業)を経て、経営者・コンサルタントとして活躍する著者が、昭和50年代生まれの若手起業家たちに取材、自身の経験を交えながら、ローリスク・ハイリターンな起業の秘訣を解き明かす。はじめの一歩を踏み出すためのガイドブック。

【送料無料】ローリスク・ハイリターン起業法

若手女性経営者・コンサルタントの著者が、独立起業への心構え、リスクが少なくハイリターンが狙えるビジネスの見つけ方、目標を実現するための具体的な計画の立て方などを解説。はじめの一歩を踏み出すためのガイドブック。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。