富山県富山市で鋼材卸のササ井鋼建鰍ェ自己破産へ

富山県富山市で鋼材卸のササ井鋼建鰍ヘ、6月28日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入りました。

会社名 ササ井鋼建
業 種 鋼材卸
所在地 富山県富山市針原中町342
設 立 1992年(平成4年)3月
代表者 堀川裕司
資本金 4500万円
年 商 38億600万円(2013年2月期)
負債額 32億6300万円
従業員 22名

鋼材を主力に、土木建設用の各種資材販売のほか、外注による鉄骨建築工事を行い、ピークとなった2006年2月期の年売上高は約64億7100万円を計上していた。

しかし、その後は景気後退で建築需要の落ち込みで売上高は漸減し、2012年2月期には約30億7100万円にまで減少していた。この間、主力販売先に対する不良債権の発生と関係会社に対する支援を行ってきたため、借入金が膨張し、資金繰りに余裕がなくなっていた。

2013年2月期の年売上高は約38億600万円まで回復したが、一部支援してきた取引先からの資金回収も進まず、市況低迷や鋼材価格の上昇に対応できず、事業継続を断念した。

編集後記
「7つの習慣」を抑え、米国・成長企業500社のCEOがNo.1に選んだ本。
「金持ち父さん、貧乏父さん」のロバート・キヨサキ氏が絶賛!と紹介されているだけでも興味がそそられる。
実際、これらの書に比肩する内容であると思った。
 
著者は20年間で25000社以上のスモールビジネスに対してアドバイスを行っきた、起業術コンサルティングのプロである。
数多くのアドバイス経験から導かれた、「成功していない人」にありがちな人物パターンを、サラという架空の人物を設定することにより、サラに対するアドバイス形式で、「成功する人」になるには何が必要かを説く。
 
事業を立ち上げようとする人には、「起業家」「マネージャー」「職人」の3つの人格が必要であるといい、大方の人は「職人」の人格しか持ち合わせていないため、事業の縮小、倒産などの壁にぶつかると主張する。
本書では、「起業家」に重点を置いて述べられている。
   
「起業家」の視点として、他人に任せてもうまくいく事業モデルの構築こと、どこで誰がやっても結果が出せること、ライバルとの差別化が重要であり、「イノベーション→数値化→マニュアル化」のサイクルを休みなく続けることが、事業を継続することの活力となると提唱する。
このことはマクドナルドが現在の規模にまで発展した事例を交え、詳しく解説されている。

【送料無料】はじめの一歩を踏み出そう [ マイケル・E.ガーバー ]

25000社以上のコンサルティング経験に基づく長年のノウハウを初公開した本書は、発売以来、米国の起業家たちから熱狂的に支持されている。世界20か国で翻訳され、100万部を超える隠れたベストセラーである。米・ビジネス誌「Inc.」が行った成長企業500社のCEOへのアンケートでは、ビジネス書No.1に選ばれた。アメリカの起業家たちに最も影響を与え続けているバイブル的な一冊。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。